サービス
SERVICE

「財務・融資」

スモールM&Aコンサルタント支援

港区新橋|スモールM&Aコンサルタント

M&Aスペシャリストチームが
事業を成功に導く、スモールM&Aを支援します!

  • ・貴社にふさわしい、スペシャリストチームを準備
  • ・様々な業種の事業者様に対応!
  • ・成功報酬制の比重が高くした、安心な価格設定
  • ・M&A後の事業拡大を重視した成長経営のお手伝い!

No.1税理士法人では、様々な専門家と連携しながら、スモールM&Aサービスを支援しています。スモールM&Aの支援にあたり、デューデリジェンス(買収対象企業の価値やリスクの調査)を行うことで、単なる企業価値(買収価格)の算定ではなく、将来のシナジー効果やリスクの予測をすることが重要となります。

No.1税理士法人のスモールM&Aの強み

M&Aスペシャリストチーム

  • 弁護士

  • 司法書士

  • 行政書士

  • 中小企業
    診断士

  • 税理士

  • 社労士

スモールM&A
コンサルティングサービス

成功報酬制による
安心な価格設定

様々な業種に対応

成長経営を見据えた
シナジー分析

小さい買収も
提案可能

デューデリジェンスの支援領域

メイン領域

  • 財務デューデリジェンス
  • ビジネスデューデリジェンス

カスタマイズ領域

  • 税務デューデリジェンス
  • 知財デューデリジェンス
  • 不動産デューデリジェンス
  • ITデューデリジェンス
  • 人事デューデリジェンス
  • その他デューデリジェンス
    (法務、環境など)

デューデリジェンスの支援領域

デューデリジェンスの支援領域

M&Aスペシャリストチーム

  • 弁護士

  • 司法書士

  • 行政書士

  • 中小企業診断士

  • 税理士

  • 社労士

スモールM&Aの調査において、ビジネスデューデリジェンス・財務デューデリジェンスをメイン領域とし、対象会社の業界構造や個々の特徴に応じて重要となる調査領域を選定致します。
メイン領域とカスタマイズ領域のデューデリジェンスを実施にあたり、各方面のスペシャリストを選定し、対応させて頂きます。

デューデリジェンスの支援領域の例

 

メイン領域

カスタマイズ領域

製造業

  • 財務DD
  • ビジネスDD
  • 知財DD
  • 人事DD

不動産業

  • 財務DD
  • ビジネスDD
  • 不動産DD
  • 法務DD

IT関連

  • 財務DD
  • ビジネスDD
  • ITDD
  • 人事DD

飲食店

  • 財務DD
  • ビジネスDD
  • 人事DD
  • 不動産DD

業界の特徴やお客様のご要望によるカスタマイズ領域の選定のイメージです。
製造業など知財の調査が重要な業界、IT関連業などITに関する調査が重要な業界、人に関する調査が重要な業界。業界構造によって重要な調査領域が異なってくることから、様々な調査パターンがあります。

デューデリジェンスの支援フロー

事前調査
調査開始の意思決定
調査範囲の決定
デューデリジェンスの実施
各DD報告書の作成
グループ経営の実現
M&A後の事業再編提案

<事前調査>

M&Aを実施するにあたり、事業主様に事前ヒアリングさせて頂きます。本当の意味で価値のあるM&Aなのかリスクやメリットから現在から将来に至る状況を整理させて頂きます。また、M&Aをスムーズに進める為に、事業構造の確認、調査範囲の決定、外部環境の事前調査なども行います。

このフェーズで特に重要なのは、「1.M&Aを実施するか否かの意思決定を行う上での判断材料を適切に収集すること」、「調査範囲を決定し、計画的なデューデリジェンス実施の為の材料を収集すること」ことになります。

<デューデリジェンスの実施>

事前調査で決定した対象範囲に基づき、本格的なデューデリジェンスを行います。メイン領域としては、財務デューデリジェンス、ビジネスデューデリジェンスを中心に、設定したカスタマイズ領域について調査します。

情報収集の手段としては、決算や重要な契約、不動産など、様々な資料の分析の他、予め設定したヒアリング担当者(経営陣、部門長など)へのヒアリングを行います。

<グループ経営の実現>

デューデリジェンスにより企業価値を算定した後、実際にグループ統合に入っていくケースが多くあります。既存事業と新規に買収した企業(事業)とのシナジー効果を最大限に高めていく為には、財務面の統合だけではなく、ビジネス面の効果的な統合も重要となります。

特に人を中心としたビジネス構造の最適化がスムーズに行なわれるかどうかで、M&Aの成否が分かれるケースもあります。
そのため、当法人ではM&A実施後の最適な着地点を見据えたサポートを行います。

ビジネスデューデリジェンス

ビジネスデューデリジェンスでは、対象となる企業の事業について調査し調査結果に基づいて企業概要書を作成します。調査領域は、事業の「外部環境分析」、「内部環境分析」を中心に既存事業の分析を行った後、将来のシナジー効果などの評価を実施していきます。当社で使う分析手法は以下のイメージです。

〇外部環境分析
- PEST分析(政治、経済、社会、技術の視点から、機会、脅威を分析)
-5フォース分析(仕入先、販売先、新規参入、代替品、競合他社の視点から分析)
〇内部環境分析
ーバリューチェーン分析(営業⇒仕入⇒製造⇒販売⇒アフターフォローの視点)
ーSWOT分析
ー重要業務フロー分析
〇マーケティング分析
ー3C分析(自社、顧客、競合の視点)
ー4P分析(製品、価格、流通、販促の視点)

企業概要書

企業概要書

ビジネスデューデリジェンスの影響分析

  • 管理

  • 研究

  • マーケティング

  • 調達

  • 生産

  • 販売

  • A社

  • 旧システム

  • 基礎研究に強み

  • 内製化

  • 集中仕入れ

  • 老朽化

  • 代理店

  • B社

  • ERP

  • 応用研究に強み

  • 外注活用

  • 分散仕入れ

  • 新設備

  • 直販

ビジネスデューデリジェンスの影響分析

  • M&A後

  • 統合システム

  • シナジー創出

  • スケールメリット

  • 集中仕入れ

  • 分散製造

  • 販売拠点統合

財務デューデリジェンス

財務デューデリジェンスでは、買収事業(企業)の資産価値の算定や財務リスクを見極める上で、非常に重要な位置づけとなります。被買収企業は、多くの資産を保有する一方で、様々な負債を持つケースが多くあります。特に未計上の資産や負債がないか、過大計上や不良債権が隠蔽されているケースもあり、慎重に分析する必要があります。また、粉飾決算と言わないまでも、黒字化の為にギリギリで調整しているケースも見受けれます。
その他、全体的なキャッシュフローの状況など、会社のお金の流れを正確に分析する必要があります。

財務デューデリジェンス

サービス対応・重点 エリア

サービス対応エリア
:東京、横浜、埼玉、千葉
重点エリア
:港区、千代田区、中央区、品川区、渋谷区
  • 新橋駅から徒歩
  • 無料相談実施中!!